薬剤師の仕事内容は?必要な資格はあるの?


安心して薬を服用してもらうための手助けをする

薬剤師の仕事は多く、主な仕事として安心して薬を服用してもらうための手助けをしています。薬剤師が働いている場所としては、薬局やドラッグストア、調剤薬局などがあります。主にこれらの職場は、薬を販売したり副作用や服用方法などをお客さんにアドバイスするのが主な仕事です。薬によっては、副作用が強いものがあり何も知識がないまま服用すると後で問題が起きる可能性があります。そのような事がないように薬剤師が説明するようになっています。ドラッグストアや薬局に行った時には、自分で薬を選ぶ事も出来ますが薬の種類が多く、どの薬を購入すれば良いのか迷いますよね。そこで、迷っているお客さんに薬のアドバイスをして適切な薬を購入してもらう事も薬剤師の大事な仕事の1つです。

薬剤師の資格を取得しなければ働く事が出来ない

薬剤師は、薬の専門家ですが誰でも働けるわけではないです。薬剤師として働くためには、国家資格である薬剤師の資格を取得する必要があります。薬剤師の資格を取得するための方法としては、大学の薬学部に進学する方法があります。薬学部は6年間通う必要があり、当然卒業する必要があるので留年しないように注意します。学生生活が長いので、早く薬剤師として活躍したいのであれば高校卒業後すぐに大学に進学するのがおすすめです。ただ、薬学部は競争率が高く難易度が高い学部という事もあり、高校1年生の時から大学入試のための勉強をしていく事が重要です。余裕があれば、予備校などにも通い受験対策を徹底的に行いましょう。

薬剤師のシニア求人とは定年後に薬剤師の経験を積んだ実績を元に、更に新しい転職場所でその経験を評価し求人を求める場合が多いです。