プラントの施工管理の仕事とは?働くメリット・デメリットを見てみよう


プラントの施工管理の仕事とは

施工管理とは工事現場の作業に関わる全ての事柄を管理する仕事です。作業の進め方や人員の手配を管理する「工程管理」、作業員の安全や作業環境を整備する「安全管理」、建材などの精度や品質を保つ「品質管理」をしなければなりません。また、決められた予算内で作業が終わるように人件費や建材費を計算する「原価管理」も、施工管理を担当するものが行います。プラントの施工管理では、工場地帯などにある特殊な設備が備えられた工場(プラント)を管理します。

なお、施工管理の仕事を見つけるには、インターネットの求人サイトが便利です。「施工管理」で検索するとたくさんヒットするでしょう。ただし、仕事の種類が多いので、工事や現場の種類で条件を絞り込む必要があります。

プラントの施工管理を仕事にするメリット

施工管理の仕事を選ぶメリットとしては「安定的な需要」があげられます。プラントは定期的に保守点検が必要です。年数が経てば老朽化で取り壊しをするか、再建築しなければなりません。その都度、施工管理の仕事は募集がかけられるので、仕事がなくなることがありません。施工管理の仕事は「高収入」を得やすいという特徴もあります。特に大きなプラントの施工管理は、スキルや経験が必要なため、それに応じた報酬が支払われます。

プラントの施工管理を仕事に選ぶデメリット

需要が多く高収入が得やすい仕事ではありますが、仕事現場は比較的ハードで、残業も多いです。作業工程に遅れがある場合には、休日出勤や泊まり込みで仕事をしなければならないこともあります。また、施工管理の仕事は、発注者と現場作業員との間で、板挟みになることが少なくありません。現場労働者というよりも、中間管理職に近いので、ストレスをためやすい仕事であるといえます。

プラントの施工管理のプラントとは工場やそこで使われている生産設備一式のことをいいます。管理する人はプラントの設計やプラントで製造された製品や検査をするのです。