プラントの定修は専門スキルを発揮して高収入を得たい人におすすめ!


大手メーカーなら定年まで高待遇で仕事を続けられる

プラントの定修は、定期的に工場内の設備の不具合や故障の有無や原因を調査して、常に問題なく操業ができるようにする重要な作業のひとつです。こうした業務を適切にこなすためには、生産設備に関する正しい知識や専門的な技術が求められ、各地の工場では優れた人材の確保が急務となっています。たとえば、化学薬品や工業製品、精密機器などを扱う大手メーカーにおいては、プラントの定修を専門とするエンジニアの募集が活発に行われており、定年まで高待遇で仕事を続けることが可能です。採用条件はメーカーごとに異なりますが、機械工学を専攻して博士や修士の学位を取得した人や、エンジニアのキャリアが十年を超える人については、多くの企業から内定を得やすい状況となっています。

外資系のメーカーなら海外で活躍できるチャンスもある

プラントの定修に関する業務が得意で語学にも長けている人は、外資系のメーカーに就職をすることで、将来的に海外で活躍できるチャンスもあります。外資系のメーカーは年齢や性別に関係なくスキルが高い人材を積極採用しているところが多く、日本企業と比べて採用後の業務内容がハッキリと決められているため、専門分野のスキルを発揮しやすいという特徴があります。そのため、国内だけでなく海外のプラントでも定修の業務に携わりたい人は、中途採用に力を入れている外資系のメーカーを転職先の候補に入れると良いでしょう。なお、転職活動の際は過去のキャリアを担当者に分かりやすく伝えて、転職後に自分に合った工場で働けるよう取り組むことが肝心です。

定修とは工場などで定期的に行われる設備の点検や修理のことで、不具合が起きてから行われる修繕とは別の扱いになります。