工場の求人で募集されるのはいったいどんな作業

大きく分けて3つになる

工場の求人には複数の仕事内容があるため、どんな仕事なのかを確認して申し込みすることが望ましいです。大きく分けて製造ライン・部品供給・ライン管理に分かれています。ライン管理に関しては工場の作業内容を管理する仕事で、管理職としての募集が多いです。作業を行う人達の管理にもなる為、給料は多いですが複合的な視点が必要となる為、注意が必要となります。部品供給の仕事の場合、部品を台車などで提供する場合と、フォークリフトを使って運搬する場合に分かれることが多いです。フォークリフトオペレーターといった名称で、募集をかける企業もあります。フォークリフトは免許が必要となる為、給料は製造ラインよりも良いですが、その分慎重な判断が必要となることも多いです。

どんな作業が軽作業となるのか

製造ラインはもっとも募集の多い職種で、ベルトコンベアや決まった作業場の前で部品を組み立てる作業が多いです。また、機械を操作して部品を加工する作業をする企業もあります。検品といって出来上がった部品・製品の品質を確認する作業や、梱包といって箱詰めして運搬する箱に入れる作業をする場合も少なくありません。

募集内容の種類によって軽作業、重労働どちらになるのかは、企業の業種によって異なります。比較的軽作業なのは検品や梱包です。部品供給の作業はどちらかといえば重労働の部類となります。製造ラインの中で重い部品がなければ軽作業、重い部品が多い場合には重労働となることも少なくないです。業種ごとに重い部品の有無は異なる為、どんな作業を求めるのかにより、応募する工場の求人は異なります。

大阪の工場の求人は、寮が用意されている方が家賃の面で得することができます。自分で物件探しをする手間を省くことも可能です。