外資系企業に転職する前に知っておきたい3つのこと


外資系企業で働くということ

皆さんは外資系にどんなイメージをお持ちでしょうか。「上司が外国人?」「会議が英語?」思いつくイメージは様々でしょう。筆者のファーストキャリアは外資系コンサルティング企業でしたが、職場環境では普通の会社と変わらないことも多いんです。しかし、なんと言っても外資系。独自の慣行や考え方があるのも事実。今回は、外資系に転職する前に知っておきたい3つのことをお伝えします。

1.ロジカル・シンキング

論理的思考力と訳されるロジカル・シンキング。日本では、「阿吽の呼吸」で空気が読める人が重宝されることも。しかし外資系はそうではありません。空気を読むより、論理的に筋の通った意見を強く求められるのです。経営幹部に外国人がいることも珍しくないため、万国共通の言語である「論理」が重要視されるのも無理はありませんよね。

2.徹底した成果主義

プロセスよりも結果重視。いくら努力をしても、成果に結びつかなければ評価されないのも外資系ならでは。上司から、「それで、バリュー(価値)出せたの?」と詰めよられることもしばしば。新人からゆっくり育成していく日本企業に比べ、即戦力となる中途採用が多いのも納得です。成果が給与に反映されるのも魅力的ですが、徹底した成果主義は外資系のシビアな一面でもあります。

3.恐怖のアップ・オア・アウト

最後に、外資系でよく聞く「アップ・オア・アウト」について。聞きなれない言葉ですが、「昇進か、さもなくば退社か」という意味です。成果主義が徹底された外資系ならではの慣行でしょう。優秀な人はどんどん昇進していきますが、成果を出せなければ、待っているのは退社への道。外資系で働く人が自己啓発に積極的なのも、こうした慣行に適応するためなのかもしれませんね。

外資系求人とは、外資系の企業からの求人募集情報、及びそれを取り扱う求人サイトを指します。国内勤務だけではなく、海外勤務のための募集を行う場合も少なくありません。